この記事を書いた人

尾形丈人
尾形丈人

作成日時:2018年10月18日

更新日時:2018年10月18日

ヘアーサロンの顧客単価を上げる接客法

美容院・美容室・ヘアーサロン・床屋さんでの顧客単価を上げる接客方法をお客さんの立場からご提案します。

ヘアーサロンの顧客単価を上げる接客法

実は売り込んで欲しいお客さんがいる

もちろん、全員ではありませんが、「このオプションサービスやって欲しいけど、どうしようかなぁ」とか「店頭のポスターに書いてあるオリジナルシャンプーって、どんなものかなぁ」と、思うお客さんはいます。私はそうです。けど、言い出せない。

と、いうのも、どんな商品・サービスかよく分からない上に、必要性も迫られていないからです。

そこで、美容師さん(スタイリストさん)が、「こういうサービスなんですよ。やってみますか?」とか「こういう商品なんですよ。お試ししてみますか?」と聞けばいいわけですが、聞いてこない。

お客さんに売り込むのが嫌なのか、と思いますが、欲しがっているお客さんに欲しがっている商品・サービスを提供することは、そんなに難しいことではありません。事前に、購入の意思を確認すれば良いのです。そうすれば、美容師さんも、抵抗なくセールスができるかな、と思います。

美容師業は素晴らしい!?

私が勝手に思っていることなのですが、美容師さんというお仕事は、セールスをする上では、素晴らしい職業だと思うんです。

なぜならば、お客さんとすぐに仲良くなれるからです。

仲良くなれば、ある程度の信頼ができます。

すると、売り込みも優位になるのですが、多くの美容師業界の関係者は、それに気づいていません。

しかしこれは、他業種からすれば、「いいなぁ。あんなに仲良くなれて。しかも個人情報もいっぱい持っている」と。

他の業種というのは、最初の信頼関係構築に、四苦八苦しています。

「お客様の声」を掲載してみたり、「返金保障サービス」をつけてみたり、まさにあの手この手です。

ところが、美容師さんは、家族ですら知らない個人情報を持っていたりします。

それだけ、心が開いているということです。普通、秘密の個人情報を業者に話す、ということを顧客はしませんから。

どうやってセールスをするのか

ここで、「でも、信頼関係があるからこそ、それを壊さないために、売り込みをしてはいけないのではないか?」と思う人もいるでしょう。

ですから、先程言った、事前に購入の意思を確認すれば良いのです。

美容院(ヘアーサロン)でしたら、髪に関する商品・サービスを提供していると思うんです。

ですからまず、「お客さんの髪の悩み」を聞きます。次に、「どうなったら、満足するか」聞いた上で、その満足条件がお店で扱う商品・サービスで実現できるようであれば、

「実はこんな商品・サービスがあるんです」と、説明します。そして、「いかがされますか?今日は無料(もしくは大幅な割引)でお試しできますよ?」と尋ねます。ここでお客さんが承諾したら、商品・サービスを提供し、その直後に、「いかがでしたか?」と感想を求め、満足しているようであれば、「正規料金になりますが、次回からやりますか?」と確認します。そこでお客さんが「YES」といえば、「じゃあ、またお待ちしていますね!」と、お客様を笑顔で見送れば良いのです。

この過程を経れば、お客さんへのセールスに、抵抗はなくなると思います。

一方的に売り込むのではなく、欲しいと思っているお客さんに売るのですから、失礼に当たりません。むしろ、よく気付いてくれたね、と感謝されます。もちろん、「NO」と言ったお客さんに対しては、「わかりました」と言って、普通の会話に戻れば、お互い、問題は起こりません。

ですから、経営者の方は、このことを美容師さんに伝えてください。

また、初回の利用時のみ、無料もしくは大幅な割引を実施してください。

まとめると、以下の通りです。

美容師さんの接客・セールス法まとめ

  1. お客さんの髪の悩みを聞く
  2. どうなったら満足するか、条件を聞く
  3. その満足条件を店舗で提供している商品・サービスで解決できるか検討する
  4. 実現可能であれば、商品・サービスを提案する
  5. 説明し終えたら「いかがなさいますか?」と判断を仰ぐ
  6. OKであれば無料等の抵抗の少ない条件で提供する
  7. 提供後、「正規料金になりますが、次回もご利用なさいますか?」と尋ねる
  • LINEで送る
  • フェイスブックでシェアする
  • ツイッターでシェアする

関連キーワード

よく読まれている記事

最新の記事3件